*

生涯独身のひとりぼっちで生きるということ


 

12/30

だだっ広い事務所

だれもおらんねん

Repre(リプレ)

これからのお話しです。

「結婚したい」と願う人は、2016年以降減少していくと思います。

先日の記事(東京の生涯未婚率は、日本のそれと違います)でもお伝えしましたが、20年前は10人に1人もいなかったのに、東京ではすでに4人に1人が生涯独身という道を選んでいるのが実状で、その割合はこれからどんどん増えていくことでしょう。

 

結婚はしなくても良いと思います

男性の力を必要としなくても、生きていくことができる女性

女性の力を必要としなくても、生きていくことができる男性

 

ライフラインなども含めた社会全体が、異性と助け合い、補い合いながら生きていくことを、必要としないような流れになっています。

「子供がほしい」という、男女でないと成立しないような希望を持っている人でなければ、これからどんどん「結婚しない」という選択をしていく人は増えることでしょう。

 

以前よりお伝えしていますが、僕は必ずしも、「結婚をしないといけない」とは思っていません。

僕は、自分で結婚をしてみて、もとはまったくしたくなかったのにしてみて(詳しくはコチラを)、そのうえで「結婚っていいな」と思ったので、みなさんに純粋にお勧めしているということで、結婚至上主義なわけではありません。

これは本音として、結婚が必ずしも必要なことだとは思っていません。

 

でもですね、これもまた本音です。

男性を必要としない女性、女性を必要としない男性

どちらも結構ですが、

人を必要としないあなた

にだけは、なってほしくないと思っています。

 

ひとりぼっちで生きるということ

自分の価値観だけを絶対に掲げ、人の価値観を受け入れることができず、自分一人で生きて行こうとする。

これだけは、どんなことがあっても避けてほしいと思っています。

人は一人では生きてはいけませんので。

 

今のあなたには、親や兄妹との繋がりがあり、社会との繋がりがあります。

しかし、その繋がりは年齢と共にどんどん希薄なものになり、いつしか存在しなくなります。

そんな時、あなたはひとりぼっちで生きていけるでしょうか?

 

「死ぬ時はひとりぼっち」なんて言う人がいます。

もちろんその通りです。

けれど、

60歳で社会から離れひとりぼっちになり、そこから20年ひとりぼっちのまま生きて迎える最期と、

80歳までパートナーと寄り添い、どちらかが残ってからひとりぼっちで迎える最期と、

「死ぬ時はひとりぼっち」の意味合いはまったく違います。

「孤独死」なんていうのも、同じ考え方です。

 

ひとりぼっちになるあなた

もし今あなたが、多くの人望や力を持ち合わせ、たくさんの人々に求められている存在であるならば話は別です。

あなたはひとりぼっちになることはないでしょう。

だって、みんながあなたを必要としているのですから。

ただ、

もし今あなたが、肉親や、会社の同僚や、ほんの少しの気の許せる仲間としか繋がりを持たずに生活をしているのなら、あなたは結婚という道を選んだ方が良いでしょう。

生活を共にするパートナーを見つけ、助け合い、補い合いながら、生きていった方が良いでしょう。

なぜなら、あなたは遠くない将来に、本当のひとりぼっちになり、想像を絶するような孤独と向き合うことになる可能性が高いからです。

 

人との繋がりを持ちましょう

男はいらない、女なんていらない、一人でも生活できる、時間を自由に、お金を自由に、自分の自由に過ごしたい。

それは、あなたが健康で、いやでも社会と繋がっていられる今だから思えることです。

 

結婚というのがどうしても嫌ならば、無理にとは言いません。

けれど、人と時間や価値観を共有し、人と繋がることだけは、今のうちからしていきましょう。

もっとたくさんの人と出会い、思いを分かち合い、良い仲間を増やしていきましょう。

 

一人で生きていくなんて思っちゃダメ。

本当の孤独を知っている人なら、こんなことは絶対言わないし。

 

結婚というカタチで人と繋がる

僕は30代の後半まで、ずっと一人で生きて行こうと思っていました。

誰の力も必要とせず、ずっと一人で生きていけると思っていました。

でも、結婚をしてみて気づきました。

ありきたりの言葉ではありますが、人は一人では生きていけないって。

妻や子供と繋がりを感じるようになってから、人は一人では生きていけないんだっていうことに気づきました。

 

人と繋がるあなたでいて下さい。

その一つのカタチとして結婚はあります。

 

人と繋がるカタチとして結婚を希望する方は、ぜひご連絡下さい。

僕は、あなたに結婚生活の良さをお伝えしたり、不安を解消したりすることができます。

 

一人で生きることに不安を感じてはいるけれど、どういう風に人と繋がっていくのか?結婚をしたいと思っているのか?自分でもはっきり分からないという方も、ぜひご連絡下さい。

僕は、もともと結婚する気がなかったので、結婚することに不安を感じるあなたの気持ちを理解し、解決の手ほどきをすることができます。

 

この正月休み、肉親と過ごし、毎年恒例の仲間と過ごすこと以外、誰からも誘いを受けていないあなた。

一度ぜひお話ししましょう。

きっと、あなたの力になれると思います。

 

人と繋がることのできる、あなたでいて下さい。

 

 

 

 

ブログ

Repre(リプレ)

東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー モバフ20F
03-4582-1129  080-4354-1129

システムのご質問・婚活のご相談
など、お気軽にお問い合わせ下さい

結婚相談所Repre(リプレ)

 

The following two tabs change content below.
村木 大介

村木 大介

1971年11月29日、東京都国分寺市生まれ。「出会いの数が増えれば、幸せな家族は増える」その事を信じ、゛出会いの場がちょっと苦手”゛出会いに不安がある”そんなみなさんが、気軽に参加しやすいような出会いの場を提供しています。日本の出会いをもっと盛んに、そしてその小さな出会いが大きな幸せに繋がるよう、いつも一生懸命お客様のサポートをしています!

関連記事

今朝のRepre(リプレ)の朝ごはんおごりますは?

  朝っぱらのカフェで、パンをひとつ選ぶだけなのにイチャイチャしてなかなか前に進まな

記事を読む

自分のあたりまえを相手に押し付けるとどうなるか

  いや~気持ちの良いお天気 BBTB(ビル・ビル・太陽・ビル)

記事を読む

不安がいっぱいで笑顔になれない

  朝の渋谷って、なんだかスッキリしていて気持ちが良いですね。 昔は人混みが好

記事を読む

結婚するには、純粋に黙々と

  お客様から、様々なご相談を頂く毎日。 そんな僕も、ちょっと困ることがあっ

記事を読む

「いい人」が、その辺を歩いているわけじゃない

  昨日は、夜のお見合いへ。 夕立5分前の品川より。 「理想の相手」

記事を読む

出会いがないので仕事を変えるという発想

  さぁ今年こそ良い出逢いをしましょう 東京の結婚相談所Repre(リプレ)です!

記事を読む

好きになれる相手を探すのは、絶対に不可能な件

  今朝がたに、昨年の12月にご成婚を決めた会員様から、 「今日で独身最終日で

記事を読む

出会いがないのは、ブサイクだから?

  時間つぶしみたいな、仕事の仕方はやめましょう。 あなたの仕事は、誰の役に立

記事を読む

結婚するには、うれしいたのしい毎日で!

  昨日は、お客様とのご相談会で 代々木→秋葉原→田端→新宿と山手線 の上半分を

記事を読む

1+1=2だと決めつけている人は出会いがない

  プレミアムフライデーを無理して実行するので、業務が煩雑になり混乱しているような大

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

確定申告の面倒さと、婚活の面倒さ

  夜の京王プラザホテル。 う~ん、いいんです。

村木大介負傷

  僕、昨日の深夜にケガをしました。 キズは大き

1+1=2だと決めつけている人は出会いがない

  プレミアムフライデーを無理して実行するので、業務が

奢ってくれない男性は男じゃないと思うあなたへ

  三歩後ろを歩いてもらいたいなら、あなたが三歩前を歩

「異性とは友達になっちゃう」から出会いがない?

  僕が忙しい=みなさんにチャンスが多い という

→もっと見る

  • 【もっとも安心な結婚相談所のシステム】
    Repre(リプレ)

    daihyou

    Daisuke Muraki | バナーを作成





PAGE TOP ↑