Repre(リプレ) 結婚したい 結婚できない アプローチ 結婚しない 結婚できない理由 結婚相談所 東京

女性からアプローチしないと結婚できない時代

 

さぁ今日も、お見合いと無料ご相談会ラッシュ。

土日はいつも、お客様のもとへ猛ダッシュで動いており、先週は100mを9'91"(革靴参考記録)の自己新記録で走りましたので(「先週の目標」)、今日は世界記録を上回る100m8秒台(寝不足参考記録)を叩きだしたいと思います。

東京 結婚相談所Repre(リプレ)

今日はちょっと、真剣なお話をします。

結婚したいと考えている女性には、ぜひ最後まで読んで頂きたいと思います。

 

生涯未婚率の推移

生涯未婚率とは、50歳の時点で一度も結婚したことが無い人の割合を示すものです。

今から約40年前の1975年生涯未婚率は

男性2.12% 女性4.32%

それが今から6年前の2010年は

男性20.14% 女性10.61%

となっており、今年の秋には昨年2015年の国勢調査に基づいた、最新の生涯未婚率が発表されますが、おそらくこの数字をさらに上回るものになっているでしょう。

この数字、どう思いますか?

 

1975年の生涯未婚率、男性2.12%女性4.32%という世界は、余程の事情がない限りみんな結婚していたということ。

ちなみにですが、携帯電話・スマホの所有率は94.8%(2013年20歳以上 総務省調査)なので、それ以上にみんな結婚していたということ。

40年前に生涯未婚の人がいたら、「そんな人いるの?どうやって生活するの?」っていうくらい、珍しい存在だったのです。

 

結婚する理由がない

男女雇用機会均等法が施工されたのは1986年、女性の時間外や休日・深夜労働の保護が撤廃されたのは1997年と、今から20年前くらいのこと。

この女性の社会躍進を機に、明らかに結婚の在り方が変わってきたのは間違いのないことです。

40年前は、「男性は家事ができないから女性がいないと生きていけないし、女性は稼ぎが無いから男性がいないと生きていけない」という、とっても分かりやすい「結婚する理由」がありました。

ところが今のご時世、ライフサポートサービスの充実で男性は生活に困らず、賃金のアップで女性の経済的不安は減り、「結婚する理由」はあくまでも個人の理想に委ねられるものになりました。

それでも、2014年の男性の平均給与は514.4万に対し、女性の平均給与は272.2万と、均等には程遠いですし、女性の給料が「生活には困らず」といえるものとは思えないのが実状です。(国税庁 民間給与実態統計調査結果より)

その為、

生活は不安、子供も欲しいと、女性にはいろいろな「結婚する理由」があるのですが、

人を養うのは不安、子供を育てるのはもっと不安と、男性にはこれといって「結婚する理由」がないというのが、今の時代なのです。

 

待っていては結婚できない

今日お伝えしたいのは、時代は変わっているということ。

人々の考え方や、生活様式などの在り方や、社会のルールが変わり、時代が変わっているということ。

なので、結婚に対しての考え方や、在り方も当然昔とは変わっているということなのです。

 

ならば、

 

結婚に対しての取り組み方が変わっていかないといけないのに、そこだけまったく変わっていない。

それは大いに問題であり、そこが生涯未婚率の上昇にも繋がっているのです。

 

具体的にいうと、

その昔、女性は着飾り、料理や家事の出来栄えをアピールし、男性に選ばれるのを今か今かと待っていれば、理想通りの相手が来るかは別としても、そのうち誰かにプロポーズされる、というのが結婚の在り方でした。

だって、男性も女性も結婚するのがあたりまえだったのですから。

理想通りの相手じゃなくたって、最終的には誰かと繋がらないと、お互いに生きていけなかったのですから。

 

けれど今は、結婚したいからといって、女性は着飾ろうが、料理や家事の出来栄えをアピールしようが、それがイコール結婚には繋がりません。

だって、男性は結婚するのが絶対ではないのですから。

着飾っている女性を見ればカワイイとは思うでしょう、料理ができれば癒されることはあるでしょう、けれどそれはあくまでもそれだけのことであって、「だから結婚したい」には全然ならないのです。

 

つまり、

女性は、待っていたらダメ

ということ。

これが、今の時代の結婚の在り方なのです。

 

出会いに行くだけではダメ、ましてや、男性を見定めるのなんて全然ダメ。

「自分と結婚すると、こんなにイイことがあるよ」

というのをしっかりアピールして、

「だから私と結婚しよう」

ということを、自分からしっかり伝えないといけないんです。

 

時代は変わり、結婚の在り方は変わっているのに、いつもでも昔と同じように三つ指ついて、しおらしい顔して、男性からのアプローチなんて待っていたってダメ。

この、大大大前提を理解して、実行している女性は本当に少ない。

これからの時代、「結婚したい」というのは、個人の嗜好によるものなのですから、待っていたって叶うはずはなく、「結婚したい」と願う人が、自分から取りにいかないといけません。

 

もちろん、すべてがこのカタチでは無く、「男性が熱烈にアプローチし、女性を追いかけ口説く」という昔ながらの方法で、結婚をしている夫婦もたくさんいます。

ただ、今後はその形をあたりまえのものとせず、「男性からのアプローチを待っているだけでは、結婚なんてできない」ということを、女性は理解しないといけないのです。

 

女性からアプローチ

女性のみなさん。

あなたが結婚できないのは、あなたに魅力がないからでも、あなたがダメダメだからでもないんです。

時代がそういう時代なのです。

男性は結婚意欲が高くないのですから、女性からアプローチをして、口説き落さないと結婚できない時代になっているのです。

このカタチが、良いのか悪いのかなんて言っている場合ではありません。

時代がそういう時代なのです。

 

男性だって、生涯独身でいたい人はごくわずか。

現に結婚相談所には圧倒的に女性の人数が多いのですが、45歳を過ぎると逆転して男性の方が多くなってきます。

そう、つまり、20代~30代の男性は生涯独身を望んでいるわけでは無く、

「今は、結婚するまでの気分にならない」

というだけのことなんです。

だからこそ、女性のみなさんが男性に

「あんたバカでしょ?

いつでも結婚できると思ってるんでしょ?

今私と結婚しなかったら、あんたは生涯ひとりぼっちになるんだよ」

というのを、オブラートに包んで、オリゴ糖かけて、元のテイストがわからないくらい甘い言葉に変えて、教えてあげないといけないんです。

 

今はまだ、女性からアプローチをガンガンかける結婚のカタチは少ないかもしれません。

けれど、近い将来これはあたりまえになります。

場合によっては、女性からプロポーズをするのが普通にさえなってくるかもしれません。

 

20代~30代の若い男性は、結婚をしたくないわけではないですが、「今結婚する理由」が無いだけ。

なので、

女性のあなたが「今結婚したい」のなら、あなたからアプローチをして、その気になるように男性を育てあげないといけないということ。

そういう時代に変わってきているということです。

そこを理解し、行動に移さないと、あなたの結婚できない状況は変わりません。

 

出会いの場に出ましょう。

自分からアプローチしましょう。

相手がその気になるようにアクションを起こしましょう。

男性はふんぞり返っているわけでも、偉そうに構えているわけでもありません。

男性は「今結婚する理由」が見つからないだけなのです。

 

時代は変わっています。

変化に柔軟に対応できる人が成功を収めるというのは、どんな場面でも一緒。

時代は変わっているのですから、いつもでも「今までのあたりまえ」に凝り固まるのはやめましょう。

今の時代にあった行動をしないと、あなたの結婚できない状況は変わりません。

 

 

 

追記

だから、結婚相談所って便利なんですよ。

だって、はじめから「今結婚したい」という男性が集まっているのですから。

婚活パーティーやマッチングサイトにはいない、「今結婚したい」男性が集まっているのですから。

 

 

 

 

ブログ

東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー モバフ20F
03-4582-1129  080-4354-1129

システムのご質問・婚活のご相談
など、お気軽にお問い合わせ下さい

結婚相談所Repre(リプレ)

 

出会いの前にレッツ脱毛!】
(ここ、僕が前に働いていた会社なんです。ご相談やご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください!)


The following two tabs change content below.
村木 大介

村木 大介

1971年11月29日、東京都国分寺市生まれ。「出会いの数が増えれば、幸せな家族は増える」その事を信じ、゛出会いの場がちょっと苦手”゛出会いに不安がある”そんなみなさんが、気軽に参加しやすいような出会いの場を提供しています。日本の出会いをもっと盛んに、そしてその小さな出会いが大きな幸せに繋がるよう、いつも一生懸命お客様のサポートをしています!

-Repre(リプレ), 結婚したい, 結婚できない, アプローチ, 結婚しない, 結婚できない理由, 結婚相談所 東京