出会いの場

出会いの場を重ねるという経験

2015/02/08

 

さぁ今年こそ良い出逢いをしましょう
東京の結婚相談所Repre(リプレ)です。

孫正義さんは、何かに取り組む時
不測の事態が起きた時の備えとして
多い時は7~8パターンの
代替え案を用意しているとの事。

 

特に、まだ意思の疎通がとれない
最初の頃のデート

海が見たいなんてデートだったのに、
彼女が意気込み過ぎて
超ミニスカート穿いて来ちゃった。
海風はビュービュー吹き荒れる。

銀座の街を散策デート
なのに彼女はピンヒール。
予約していたディナーまで
あと6時間。

「明日は私がお弁当作るね!」
カワイイ約束をしていた
ピクニックデート。
彼は昨日の接待で完全に二日酔い。
唐揚げ、卵焼き・・・。

 

プランは立てれば立てるほど
イレギュラーも起きやすくなるもの。

スカートを抑えながら歩き続けるのか?
ピンヒール履いたまま散歩させるのか?
二日酔いの彼に唐揚げねじ込むのか?

 

7~8パターンもイレギュラーな事が
思い付くかどうかの問題もありますが、
やはり思いつく限りの
対応策は考えておかないといけません。

ある程度の経験値(デート慣れ)
があれば対応は出来るのですが、
なかなかそうもいかない方もいるでしょう。

 

学生時代、スポーツばかりでウブだった
村木少年が、初デートに向かいました。

場所は原宿。お昼に待ち合わせ、ランチは
ちょっと高級にケンタッキーフライドチキン。

当時、血気盛んな村木少年は
お肉を7ピース平らげる事が出来たので、
7ピース×2名で、14ピースを注文。

「それでしたら、パーティーバレルの方が
お得ですがいかがでしょうか?」
「・・・じゃぁそれで。」
若い男女の前に、15ピースのチキンが
盛られました。

7ピースを食べ残し、
口の周りをテカテカにしたカップルは、
あからさまに胃もたれをしながら
代々木公園へ。

お散歩コースをゆっくり歩き
一周40分。
楽しい会話でチキンショックも
多少は挽回したと思った頃、
次なる試練が。

「原宿なんてわからないし、
他にやる事がない」
(ウブな村木少年)

苦し紛れに発したプランは
「もう一周する?」

自衛隊?

二周のトレーニング(?)が終了し、
ヘトヘトになった彼女は、
僕と顔を合わせようともしません。

頭に描いていたプランに
プラス一周をして、
晩ごはんまでの間が持たない事に気付いた
村木少年の最後の提案。

「帰ろうか?」
「・・・うん。」

12:00待ち合わせ、16:00解散。
賞味4時間の初デート。

当日の夜、彼女から電話があり
お礼と怒りと憐みと蔑みが
すべて込められた
お別れの言葉を頂きました。

そのデートを境に、
デートにはプランが必要である事を知りました。

雨が降る、道に迷う、お店が休み、
イチャイチャしてたらヤ〇ザに絡まれるetc・・・
どんなにプランを立てても、
まさかのイレギュラーがある事も知りました。

それら数々の経験で、失敗し、乗り越え
38歳でめでたく結婚をした
村木少年のお話でした。

 

人生には3つの坂がある
上り坂、下り坂、そして「まさか」

3回結婚式に出席すると
一度は耳にしてしまうこのスピーチ。

このスピーチを
これから初デートに向かう
みなさんにお届けいたします。

 

経験はとても大切です。
付き合ってはいなくても
異性とのデートは良い経験になります。

メールやラインでばかり
交流を深めるのではなく
どんどんデートをしましょうね!

出会いの場を重ねるのは大切な経験値です。

 

 

 

理想の結婚相手をどんどん探していく出逢いは
Repre

一度もフラれずに理想の結婚相手と出逢える
Repreエージェント

理想の結婚相手と気軽に出逢えるスペース
Repreカフェ

The following two tabs change content below.
村木 大介

村木 大介

1971年11月29日、東京都国分寺市生まれ。「出会いの数が増えれば、幸せな家族は増える」その事を信じ、゛出会いの場がちょっと苦手”゛出会いに不安がある”そんなみなさんが、気軽に参加しやすいような出会いの場を提供しています。日本の出会いをもっと盛んに、そしてその小さな出会いが大きな幸せに繋がるよう、いつも一生懸命お客様のサポートをしています!

-出会いの場