結婚できない

年下のイケメンと結婚する、バツイチ子持ちの女性

 

うわ~さみい

みなさま温かくして、体調にはお気を付けください!

東京 結婚相談所 Repre(リプレ)

バツイチ子持ちの結婚

昨日、無料ご相談会にお越しいただいたお客様から、こんな質問をされました。

「お子さんがいて再婚の女性が、年下のイケメンと結婚したりするのって、どうしてそんなことができるのでしょうか?

こっちは、初婚でも苦戦しているのに・・・

やっぱり、女性でもお金とか権力とか、そういったものを持っていることが必要なのでしょうか?」

どうやら、このお客様(ご本人の承諾をいただいてお伝えしますが30代後半)は、ちょっと年下の男性とのご結婚を希望なさっているようで。

ご自身は、なかなかいい出会いがないとエライ苦戦をしているのに、俗にいう「バツイチ子持ち」みたいな自分より年上の女性が、あっさり再婚を、しかも年下のイイ感じの男性と結婚している姿をよく見るのだそうです。

まぁ、よく見るというほどたくさんでは無く、ケースとしてはレアケースだとは思いますが、こんな例は世の中にたくさんあるでしょう。

 

で、お客様曰く、そこにはやはり金や権力が必要になるのではないかと・・・。

確かにそんなイメージもありますし、そういったものがあったらそれはそれで良いかもしれません。

 

年下のイケメンくんと結婚する方法

でもですね、そこだけじゃないんですよ。

年下のイケメンくんと結婚をするために必要なのは、それだけじゃないんです。

バツイチ子持ちの女性が、年下のイケメンくんと結婚するために必要なこと、それは

「自分じゃダメかな?」とかまったく思ってないということ。

 

つまり、

どうしたら、バツイチ子持ちの女性が年下のイケメンくんと結婚できるか?なんてことを考えていないんです。

自分は年上で、自分はバツイチで、自分は子供がいるから、年下のイケメンくんなんか無理だろうなんて、これっぽっちも思っていないんですよ、そういう人って。

 

これ、シンプルですけど、とっても大事な考え方。

子持ちだから、バツイチだから、年上だから、

だから、自分はダメなんじゃないか?

そういった卑屈な姿勢や、相手を伺うような目線や、乞うような接し方が魅力を半減させるんです。

相手は、はじめはそんなことまったく気にしていないのに、

「ダメでしょ?私じゃダメなんでしょ?ねぇダメだったらダメって言って」

って、卑屈モード全開で、まるでダメって言って欲しいかのように接するから、相手も

「うん、なんか気持ち悪いからじゃぁダメ」

ってなっちゃうんです。

 

チャンスをものにできる人できない人

もちろん、バツイチ子持ちの女性が、年下のイケメンくんと結婚するのはレアケースですよ。

ただ、レアケースをものにする人としない人の絶対の差は、

はじめから無理だと思っているかいないか

それだけのことだったりするんです。

 

これは、バツイチ子持ちだけのケースでは無く、いい出会いがなくて結婚できないとお悩みの方によく見られるケースです。

給料が安いから、

交際経験がないから、

顔が悪いから、

ハゲてるから、

ハゲそうだから、

ハゲまくりそうだから、

だから自分なんかダメだろうって。

はじめから「私じゃダメでしょ?」って言われたら、ダメじゃないものでもダメに見えてきます。

「大丈夫でしょ?」って言っても、ダメに思われる時はもちろんありますが、自分から「私じゃダメでしょ?」って言っちゃったら、相手もそこに引きずられますよ。

 

野菜をふんだんに使って、手間ひまかけて作ったカレー

いろいろ入れ過ぎたんで、なんか微妙な味になったカレー

カレー評論家みたいな人なら、興味本位で後者を選ぶかもしれませんが、お腹が空いていて美味しくカレーを食べたいと思ったら、どう考えても前者を選ぶのではないでしょうか。

その味が微妙かどうかは、食べる人が決めることであって、作った人が自信がないからって卑屈になって言うことじゃないんです。

っていうか、「よそにはない美味しいカレーっすよ」って伝えれば、微妙な味だって「確かによそにはないな」って美味しく感じるんです。

 

食べる人の気持ちを勝手に決めつけて、「ダメ」って言われるのがコワいから、はじめから自分でダメって言っちゃう。

「ダメでしょ?」って聞いて、「ううんそんなことないよ」なんて言わせようとする。

そんな表現の仕方では、美味しいカレーだってダメなものに感じてしまいますよ。

 

自分をダメって言わない

自信を持てとか、そういったことではないんです。

相手は何にも言っていないのに、自分の特徴をネガティブポイントと決めつけて、「ダメでしょ?」みたいなこと言いなさんな(思いなさんな)っていうことです。

自己肯定とか、そんな難しい話でもありません。

肯定なんか無理にしなくてもいいので、勝手に否定するのはやめましょうということです。

やみくもに肯定する人も、それはそれで鬱陶しかったりしますから(笑)

 

あなたが思うほど、人はあなたのことを嫌ってはいないし、

あなたが思うほど、人はあなたのことを好いてもいません。

はじめてあった相手は、あなたのことなんかなんとも思っていないので、「私ダメでしょ?」なんて卑屈な顔から入ったら、好かれる話しも好かれなくなりますからね。

 

何にも言われていないのに、勝手に自分を否定しない。

何にも言われていないのに、勝手に「私ダメでしょ?」なんて思わない。

それだけでも、あなたの姿は今よりもっともっと明るく魅力的になりますよ。

 

お客様には、そんなお話をさせていただきました。

 

 

 

東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー モバフ20F
03-4582-1129  080-4354-1129

システムのご質問・婚活のご相談
など、お気軽にお問い合わせください

結婚相談所Repre(リプレ)

The following two tabs change content below.
村木 大介

村木 大介

1971年11月29日、東京都国分寺市生まれ。「出会いの数が増えれば、幸せな家族は増える」その事を信じ、゛出会いの場がちょっと苦手”゛出会いに不安がある”そんなみなさんが、気軽に参加しやすいような出会いの場を提供しています。日本の出会いをもっと盛んに、そしてその小さな出会いが大きな幸せに繋がるよう、いつも一生懸命お客様のサポートをしています!

-結婚できない