Repre(リプレ) 村木大介

うまく話すなら、本をいっぱい読みましょう

2016/02/10

 

いやぁイイお天気の東京地方

けれど、空気は冷たく乾燥しているので、手洗いうがいはしっかりしましょうね。

っていうか、うがいとかってちゃんとすると、ホントに風邪はひきづらくなりますので、もし習慣にしていないならぜひして下さい。

ちなみに僕は、お出かけ後のうがいだけではなく、毎晩お風呂で鼻うがいをしています。

これを習慣にするようになってから、寝込むところまで風邪をひいたのは一度も無いんじゃないかな?

シャワー浴びながら、鼻から水をズズッとすすって、口から吐くという、なかなかの荒療治。

けれど、1週間で慣れるのでお薦めです。

10/10(土)の朝ご飯は、鼻うがいの話しでも(^_^)/

 

今日も元気にまいりましょう!!晴れ渡る西新宿より

Repre(リプレ)

話しが苦手な人は、いっぱい本を読みましょう

「話が盛り上がらない」「初対面の人とうまく話せない」

これらの人に圧倒的に共通しているのは

「相手の話していることが見えない」

ということなんです。

 

相手の話していることが見えない

たとえば、

相手が「この前、温泉に行ったんだ」という話しをしてきました。

その時、あなたなら何を思いますか・・・?

 

話しが苦手な人は

「あぁそうなんだ、楽しそうだね」・・・って。

相手がお話好きの人なら問題ないのですが、そうじゃない普通の人なら、こんな雑で大くくりな受け止め方をされたら、

「う、うん楽しかったよ」

で、それ以上は話せなくなります。

ならば、話が上手な人ならどうするのか?

 

うまく話せる人がやれていること

うまく話せる人は、相手が話してきたことを上手に膨らませて、その話題がどんどん広がるように仕掛けていくのです。

仕掛ける???何を???

それは、「相手の話を見に行く」ということ。

 

「この前、温泉に行ったんだ」と話してきた目の前の相手。

そんな相手の話を見に行きましょう。

つまり、相手が温泉に行った時の「絵」をイメージするのです。

「いつ行ったんだろう?」「誰と行ったんだろう?」「どこに行ったんだろう?」「なんで温泉だったんだろう?」「何で行ったんだろう?」「どんな温泉なんだろう?」etc・・・

目の前に普通に座っている相手が、「温泉に行って楽しかった」時の「絵」を、あなたの頭の中にイメージする為に、いろいろと質問をしてみたら良いのです。

そうすれば、興味深く聞いてくれるあなたの姿に、相手も気持ちよく話をすることができるようになり、その話題はどんどん広がります。

 

あなたの「いつ行ったんですか?」という質問に対し、

「9/23(水)~9/25(金)で行ったんです」と答えてきたら、平日に3連休をとっている相手の「絵」が浮かんできますので、その辺の質問も広がりますし、

「どこの温泉に行ったのですか?」という質問に対し、

「長崎に行ったんです」と答えてきたら、はるか九州まで温泉に行っている相手の「絵」が浮かんできますので、「何で行ったんだろう?(飛行機?電車?)」「っていうかそもそも長崎に温泉?」など、いろいろ話題は広がります。

 

話題を広げたり、盛り上げたりがうまい人

それが話の上手な人の条件になってくるのですが、それはイコール、

「相手の話していることが『絵』として見えるかどうか」

ということなのです。

 

その「絵」を上手にイメージするのに、一番有効な練習方法は本を読む事。

「国境のトンネルを抜けるとそこは雪国だった」

川端康成の有名な小説「雪国」の冒頭です。

この活字の並びを見て、何もイメージしない人はいません。

 

「雪はどれくらい積もっているのか、これから積もるのか」

「電車は田舎の鈍行か、特急か」

「窓際に座っているのか、ドア付近に立っているのか」

「どことどこの国境なのか」

「景色は、海なのか山なのか」etc・・・

この一文だけでも、イメージする「絵」はヤマのようにあります。

本を読んでいるとそこには活字しかありませんので、無意識に頭の中で「絵」をイメージするのを、自然と行っているのです。

いっぱい本を読み、活字の並びを「絵」としてイメージすることに慣れましょう。

そうすれば、人の話しも言葉の並びだけを感じて「へぇ」で終わりにするのではなく、その言葉の並びから「絵」をイメージする習慣が付き、どんどん話を膨らませることができるようになります。

 

人と話していても、どうも話が広がらないというあなた。

あなたに足りないのは、相手の話を「絵」としてイメージする能力です。

本を読みましょう。

まったく読んで来なかった人でも、月に2~3冊は読めます。

ぜひ、本を読みましょう。

人と話すのが、自然とうまくなりますので。

 

 

なぁんていう話しや、ここには書かれていない具体的なテクニックを、「初対面の相手とすぐにうち解け。うまく話す方法」のセミナーで行います。

のこり2名様ですので、ご希望の方はお早めにご連絡下さい。

 

 

 

 

 

Repre(リプレ)

IBJ,婚活パーティー,東京

東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー モバフ20F
03-4582-1129  080-4354-1129

システムのご質問・婚活のご相談
など、お気軽にお問い合わせ下さい

結婚相談所Repre(リプレ)

 

The following two tabs change content below.
村木 大介

村木 大介

1971年11月29日、東京都国分寺市生まれ。「出会いの数が増えれば、幸せな家族は増える」その事を信じ、゛出会いの場がちょっと苦手”゛出会いに不安がある”そんなみなさんが、気軽に参加しやすいような出会いの場を提供しています。日本の出会いをもっと盛んに、そしてその小さな出会いが大きな幸せに繋がるよう、いつも一生懸命お客様のサポートをしています!

-Repre(リプレ), 村木大介