Repre(リプレ) 村木大介 結婚相談所 東京

僕が、彼女の家に結婚のご挨拶に伺った時の話し

2015/11/16

 

昨日の嬉しいお話のあと、

本日は、10月にご成婚を迎えた男性会員様から

「今日、彼女のご家族にご挨拶をしてきました。

『お前なんぞに、うちの娘はやらんッ』って殴られたらどうしようかと思っていたのですが(弊社の男性会員様とお相手の女性は、ひとまわり年齢が離れているんです)、とっても穏やかな雰囲気で終わりました。

とってもいいご家族で、うまくやって行けそうです」

とご報告を頂きました。

しまいにゃ、みんなで昼間からワイン飲んで酔っ払っていらしたそうで(^_^)/

 

末永く健康でお幸せに!!

またいろいろ決まったら、教えて下さいね!

こうして、みなさんの幸せの声をたくさん聞かせて頂ける毎日で、僕もとっても幸せです。

Repre(リプレ)

ちなみに、僕が結婚のご挨拶をした時は、大晦日に彼女の家に伺い、そのまま泊まらせて頂くことになっていました。

当時、僕たちはすでに同棲をしており、彼女は28日から里帰りをし、僕が大晦日に一人でご挨拶に伺う段取り。

大晦日にスーツを着込み、ど緊張しながら彼女の実家に出向き、ご挨拶をさせて頂き、「よろしくお願いします」と一連の流れは滞りなく終了。

「さぁ、じゃぁ着替えて食事にでもしましょうか」と、彼女のお母さんから声をかけて頂き、彼女の部屋を借りて着替えようとした僕。

家から持ってきた部屋着を着ようとしたら、なぜかズボンがまったく入らない。

緊張した空気感から、まだ抜け出していない僕は、原因がわからないまま、入らないズボンとうんうん格闘中。

 

5分ほど格闘し、いい加減入らないので、やっと冷静になり改めてズボンをみたら、そのズボンは僕のものではなく小さな彼女のズボン。

一緒に暮らしてはいましたが、タンスの引き出しは別々のハズ・・・

なのに、なぜか僕は彼女のズボンをバッグに入れ、お泊りの準備をし、彼女の実家に向かっていたのです。

結局、その日は彼女のお兄さんのズボンを借りて、1泊させて頂くことに・・・。

これで、飲み過ぎておねしょとかしてたら、今僕はこの仕事をしていないでしょう(^_^)

 

今考えても、なぜ彼女の引き出しから、そのズボンを取ったのかがまったく思い出せない・・・。

家を出る時の記憶がまったく無いのです。

でも、結婚のご挨拶に伺うというのは、それくらい緊張するものということです。

 

結婚するには、たくさんの試練もありますが、それもふまえて今ではとっても良い思い出です。

結婚って、楽しいものですよ。

 

 

そういえば、昨日からひっそりと「Repre(リプレ)歳末感謝祭」やってます!

詳しくは、弊社ウェブサイトをご覧下さい!
↓ ↓ ↓ ↓
http://www.xn--udkubh5353bu53am7hqwx.com/

 

 

 

2015年「Repre(リプレ)感謝祭」実施中!

Repre(リプレ)

asagohann

東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー モバフ20F
03-4582-1129  080-4354-1129

システムのご質問・婚活のご相談
など、お気軽にお問い合わせ下さい

結婚相談所Repre(リプレ)

 

The following two tabs change content below.
村木 大介

村木 大介

1971年11月29日、東京都国分寺市生まれ。「出会いの数が増えれば、幸せな家族は増える」その事を信じ、゛出会いの場がちょっと苦手”゛出会いに不安がある”そんなみなさんが、気軽に参加しやすいような出会いの場を提供しています。日本の出会いをもっと盛んに、そしてその小さな出会いが大きな幸せに繋がるよう、いつも一生懸命お客様のサポートをしています!

-Repre(リプレ), 村木大介, 結婚相談所 東京