結婚できない

電話のコールを鳴らし過ぎる人は結婚できない

 

いやー降りましたね、雪。

そんな平日の夜でも、Repre(リプレ)はお見合い真っ盛りです!!

東京 結婚相談所 Repre(リプレ)

ちょうど1年前にも同じ記事を書いたのですが、今でもまだこんな人がたくさんいるので再度お伝えします!

電話のコールを鳴らし過ぎの人は結婚できない

相手が電話にでない時に、10回以上コールを鳴らす人。

そんな人には、なかなか良い出会いはありませんし、結婚もできないでしょう。

 

なぜなら、相手が電話にでないのは、

①電話に気付いていない

②気づいているけれど、でられる状態にない

③あなたの電話に(今は)でたくない

このどれかに属するわけです。

 

とした時に、

「①電話に気付いていない」なら、いくらコールを鳴らしても無駄です。

「②気付いているけれど、でられる状態にない」なら、鳴らせば鳴らすほど相手を困らせてしまうだけ。

「③あなたの電話に(今は)でたくない」なら、鳴らせば鳴らすほど鬱陶しいと思われます。

 

着信だけ残しておけば、相手はコールバックをくれます。

コールバックをくれない相手なら、その相手はあなたと電話をする意義を感じていないか、何かしらの理由で話したくないかなので、いずれにせよ長くコールを鳴らすのは裏目になるでしょう。

もし、

「相手に電話代を払わせたくないから、自分から電話したい」みたいな気持ちで、でるまでコールを鳴らそうとしているなら、短めに鳴らしてコールバックを待ち、電話が来たら「1回切るね」って言って、こちらからかけ直した方がスマートです。

 

ここで問題としているのは、「相手と話したい」というあなたの願望ばかりがふくらみ、相手の都合などお構いなくずっとコールを鳴らし続けるという、その幼児性にあふれた自己都合の押し付けがよろしくないということ。

その昔、携帯電話がなく、着信履歴なんかもない黒電話の時代には、相手の家の広さなどを加味して、長めにコールを鳴らすのも心遣いの一つでした。

でも、今は手元に電話があり、その履歴もばっちり残るのですから、コールを長く鳴らすということに相手への心遣いはまったくみえません。

 

相手がでないからって、ついついコールを長く鳴らしてしまうあなた。

もうそろそろ事実を受け止めましょう。相手は

「あなたの電話、でたくないんですよ!!」

メールなりラインなりがあるんだから、まずはそっちで様子を見ましょう。

 

「僕、ラインやってないんです」

「私、メールとか苦手なんです」

それでもまだ、あなたの都合を押し付けるんかいな・・・もう知らんがな(^_^)

 

 

 

 

 

ブログ

東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー モバフ20F
03-4582-1129  080-4354-1129

システムのご質問・婚活のご相談
など、お気軽にお問い合わせください

結婚相談所Repre(リプレ)

The following two tabs change content below.
村木 大介

村木 大介

1971年11月29日、東京都国分寺市生まれ。「出会いの数が増えれば、幸せな家族は増える」その事を信じ、゛出会いの場がちょっと苦手”゛出会いに不安がある”そんなみなさんが、気軽に参加しやすいような出会いの場を提供しています。日本の出会いをもっと盛んに、そしてその小さな出会いが大きな幸せに繋がるよう、いつも一生懸命お客様のサポートをしています!

-結婚できない