結婚したい

恋愛は苦手だけど結婚したい

 

昨夜はココ。

ココ好き。

あっちのよりこっちのが好き。

東京 結婚相談所 Repre(リプレ)

【告知です!】

明後日1/15(月)に、Repre(リプレ)は新しいシステムを開始いたします。

日本中どこを探してもない、まったく新しい結婚相談所のシステムを発表します。

 

今日は、ちょっとその前説明を。

 

 

恋愛結婚至上主義

今回発表する新システムは、結論だけ先に申しますと

「結婚が先、恋愛は後」

というシステムです。

 

今の世の中、恋愛結婚至上主義とでも申しましょうか、

「好きにな人と恋愛関係になってから結婚する」

というのが、あたりまえと捉えている方がほとんどでしょう。

東京 結婚相談所 Repre(リプレ)

こちらは、2015年出生動向基本調査からの抜粋になりますが、ご覧の通り直近でのお見合い結婚はわずか5.3%で、恋愛結婚が87.9%とほとんどを占めていることが分かります。

 

ただ、

これと同時にもうひとつ知っていただきたい事実が。

 

20代男性の53.3% 女性34.0%

が、一度も交際経験がないと回答しているんです。(2015年明治安田生活福祉研究所)

 

さらに補足するなら

25歳~29歳男性の31.7% 女性32.6%

が、一度も性経験がないんだそうな。(2015年出生動向基本調査)

 

ちょっと待ってくださいよ。

 

20代で恋愛経験がない方が、男性は半数で女性も3割ちょっと。

20代後半で性経験がない方が、男女ともに3割ちょっと。

でも、

世の中の、恋愛結婚割合は9割くらい・・・

 

世の中のアラサーの3割以上が恋愛経験がないのに、結婚するには恋愛しないといけないって

それじゃ結婚するの、かなり大変じゃない?

ということを、僕は最近フツフツと思っていたんです。

 

無理じゃないかもしれません。

ただ、

辿り着きたいところは明確にあるけれど、そこまでのプロセスは一度も体験したことがない場合、そこまで行きつくのってすごく大変なこと。

 

例えば、

5メートルのハードルがあるのを越えるのに、これがあれば飛び越えられるからって言って長い棒渡されたって、その棒をどうやって使って何をしたら飛び越えられるのかなんて分からないですよね。

そうした時に、何が起きるのかといえば、

とりあえず見よう見まねで飛び越えてみようとしても全然うまくいかないし、人に聞けば「思い切って飛んでおいで」なんて言われてまたうまくいかないないし、ちゃんとやり方を聞いてもそれだってすぐにはうまくいかないし、どうやったってうまく飛び越えられなくて、いつしか

「こんなハードル飛ばなくたって生きていける」

なんていうごもっともな理由を自分に言い聞かせて、ハードルを飛び越えるのをやめてしまうのではないでしょうか。

確かにそんなハードル飛ばなくたって、人生楽しく生きていく方法はありますからね。

けれど、何かしらの理由でそのハードルを飛ばなくちゃいけない人は、やっぱりかなりの苦しみを味わうことになります。

人の何倍も努力して、それでもぜんぜんうまくいかなくて、それでもまだ頑張らなくちゃいけなくて・・・

 

恋愛経験が一度もないのに、恋愛をしないと結婚できないのって、何かしらの理由で「結婚したい」と思っている人にとっては、苦痛でしかないんじゃないでしょうか。

 

 

お見合い結婚と恋愛結婚

でも、もう一度上のグラフを見てください。

今から50~60年前の僕らの親世代よりちょっと前の結婚って、恋愛結婚よりお見合い結婚の方が多かったんです。

限られた選択肢の中から、バツじゃない相手とスルッと結婚して、その相手と「パートナー」としてお互いに協力をしていく、

そんなお見合い結婚の方が、恋愛結婚よりも多かったんです。

 

その背景となるのは、

1960年の生涯未婚率は男性1.3% 女性1.9%

2015年の生涯未婚率は男性23.4% 女性14.1%(国勢調査)

 

つまり、お見合い結婚の方が多かった時代って、

①よほどのことがない限りに、みんなが結婚していた

②今みたいな情報はないので、限られた出会いしかなかった

なんていう状況なんです。

 

っていうことはですよ、今の時代だって

「何かしらの理由で、絶対結婚したいと思っている」

「たくさんの出会いがあることが、メリットだとは思わない(たとえば恋愛経験がない人)」

そんな人にとっては、恋愛結婚って必ずしも必要じゃないんじゃないかって思うんです。

 

僕が今まで5年間、たくさんの会員様のお話を聞いていて、そんなことを思いました。

これは、

恋愛結婚なんかいらないとか、恋愛結婚が間違っているとか、そういうことを言っているのではありません。

ただ、

絶対に結婚はしたいけど、そのために恋愛しなくちゃいけないという、今の風潮に苦しんでいる人がいるんじゃないかということです。

 

 

今の「婚活」

ところが、

今の時代の「婚活」といえば、マッチングサイトしかり婚活パーティーしかり、出会いの場は提供するけれど、あとは恋愛してくださいねという感じだし、

結婚相談所にいたっても、出会った相手といい関係を築く「恋愛」のサポートをするということであって、やっぱり恋愛結婚を推奨しているし。

 

つまり

「結婚するには恋愛しないといけない」って苦しんでいる人たちをサポートする、そんな婚活サービスがないんです。

 

ないんです・・・

ないんですか・・・

 

・・・

・・・

 

なら作っちゃいましょう。

結婚をするのに、恋愛しなくてもいい、そんな「婚活」のシステムを作っちゃいます。

 

 

結婚が先、恋愛は後

いいんじゃないですか、

結婚をしてから恋愛したって。

結婚相手と恋愛関係を築いたって。

結婚してそのパートナーを信頼し、同じ時間を過ごし、気付いたら好きになっていたというのもいいんじゃないでしょうか。

 

一緒の生活をしていたら「好き」じゃないところなんて、いくらだって見えてきます。

「好き」という気持ちに頼り過ぎて結婚すると、「好き」じゃないことがあった時に、ふたりの関係が崩れていくことがあるんですよね。

 

これは僕の持論ですが、

「好き」で居続けるには努力が必要

と思っています。

 

「好き」という感覚は永遠のものではありませんので、自分で選んだ人を「好き」で居続けるには、自分の意志が必要だと思っています。

ならば、

はじめに「好き」がマックスで結婚するよりも、はじめは「普通」の相手と結婚して「好き」でいようと努力するのも、まったく無理の無いスタイルかと。

 

僕は、恋愛結婚ではありますが、結婚した当時よりも今の方が妻のことは「好き」です。

一緒に過ごした時間や、乗り越えてきたことなどで生まれた信頼や安心というのが、「好き」を思いっきり盛り上げてくれているんだと思います。

 

もっといえば、あなたの親御さんだって、そうやって結婚してあなたを育て、今も生活なさっているんじゃないですか?

そう、この前お正月に家族でワイワイしていた、あの親御さんたちも。

 

てな感じで、

「結婚が先、恋愛は後」

そんな婚活のサービスがどこを探してもなかなか見つからないし、結婚相談所は「お見合い結婚」なんて言っても実際は恋愛を推奨しているし、だから「恋愛が難しい」という人が結婚したくてもできないでいるのが現状なので、

まずは結婚しましょう

というサービスをはじめることにしました。

 

「恋愛は苦手だけど結婚したい」というみなさんに喜んでいただけるような仕掛けをいっぱい考えていますので、明後日1/15の発表を今しばらくお待ちください。

喜んでくれる人がいたらいーなー!

 

 

 

 

先日の記事をご覧いただきたくさんのクリックをありがとうございました!続けてもらえるとすごく嬉しいです!

クリックしていただけると嬉しいです!

みんなで楽しくご飯を食べましょう!東京 結婚相談所 Repre(リプレ)

クリックするといい情報があります!

The following two tabs change content below.
村木 大介

村木 大介

1971年11月29日、東京都国分寺市生まれ。「出会いの数が増えれば、幸せな家族は増える」その事を信じ、゛出会いの場がちょっと苦手”゛出会いに不安がある”そんなみなさんが、気軽に参加しやすいような出会いの場を提供しています。日本の出会いをもっと盛んに、そしてその小さな出会いが大きな幸せに繋がるよう、いつも一生懸命お客様のサポートをしています!

-結婚したい