Repre(リプレ) 結婚できない 気になる人 自信がない 不安 アプローチ 結婚できない理由

交際が続かず、なかなか結婚できない人の特徴

 

昨日、チョー寒の祝日の夜も、お見合いは元気に開催しました!

前にもお伝えして、クドいようですが

京王プラザホテルって・・・

薄っ

Repre(リプレ)

昨日、ある記事でホリエモンこと堀江貴文さんが、ちょーイイこと言っていました。

これは、出会いの場でも、交際中でも、結婚生活においても、とっても大切な考え方。

出会いが発展しない人って、ここで引っかかっていることが多いんです。

 

相手の考えていることや、相手の望んでいることを察するためには?

まず結論ですが、

「心なんて読めるわけじゃないんだから、相手のことなんか理解できるわけがないんだよね。」

ということ。

その通りです。ほんとに僕もそう思います。

ならば、そのうえでどう相手と向き合えば良いのか?

それについては、

「自分にできるのは、相手に対して自分をさらけ出すこと。

そうしていれば、相手も同じようにバリアを外してくれるかもしれない。」

と言っています。

 

そうなんです。

適度なコミュニケーションはとれるのに、どうしても相手との仲を深めることができない人って、これが苦手なんです。

「こんなこと言って嫌われたらどうしよう」

そんなことばかり気にして、自分の胸の内をさらすのを、嫌がる人が多いんです。

 

自分の胸の内をさらすのを嫌がる人って、依存傾向があります。

ここでいう「さらす」というのは、「私はこう思う」という想いを伝えるということ。

自分の胸の内をさらすのを嫌がる人がこれをしようとすると、「こうしてほしい」「こうしてくれなきゃイヤ」って、自分の胸の内を「さらす」んじゃなくて、相手に「ぶつけ」てしまうんです。

だから、相手に露骨に嫌がられて、自分の胸の内をさらせなくなっていくんです。

 

 

そして、ホリエモンさんは、こんな風にも言っています。

「何を考えているか分からない人には、なかなか心を開きづらい」

「自分から言わないと、相手に誤解を与えてしまうかもしれない。

相手の心を読めなくても、せめて自分のことを正しく認識してもらえれば、円滑に会話ができるかもしれない。」

例として

「喋りたいのに緊張して喋れないときは『いまは恥ずかしがっているだけだから』と自分から言えば、会話自体を嫌がっているわけではないことが伝わるので、相手も躊躇せずに話を進めることができる。」

という、とっても小さな「さらす」についても話していました。

 

 

相手が何を考えているかなんてわかりっこない。

なので、自分にできるのは胸の内をさらすこと。

相手に求めるのではなく、自分をさらすこと。

分かりづらい人になると、心を開いてもらえなくなる。

 

胸の内をさらせば、それで離れていく人もいるかもしれません。

けれど、胸の内をさらさないことで、本当は理解しあえる人とも理解しあえなくなる方が、余程キビシイ現実ではないでしょうか。

 

 

信頼できる人に、胸の内をさらすのではなく、

胸の内をさらした人のなかに、信頼できる人が見つかるということ。

 

あなたが思っているほど、みんなはあなたのことを好きじゃないし。

あなたが思っているよりも、みんなはあなたのことが嫌いじゃありません。

思い切って自分の胸の内をさらしてみませんか?

今よりもっと、イイ関係になる人が増えると思いますよ。

その中に、あなたのこれからのパートナーがいると思いますよ。

 

 

 

2015年「Repre(リプレ)感謝祭」実施中!

Repre(リプレ)

Repre(リプレ)

東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー モバフ20F
03-4582-1129  080-4354-1129

システムのご質問・婚活のご相談
など、お気軽にお問い合わせ下さい

結婚相談所Repre(リプレ)

 

The following two tabs change content below.
村木 大介

村木 大介

1971年11月29日、東京都国分寺市生まれ。「出会いの数が増えれば、幸せな家族は増える」その事を信じ、゛出会いの場がちょっと苦手”゛出会いに不安がある”そんなみなさんが、気軽に参加しやすいような出会いの場を提供しています。日本の出会いをもっと盛んに、そしてその小さな出会いが大きな幸せに繋がるよう、いつも一生懸命お客様のサポートをしています!

-Repre(リプレ), 結婚できない, 気になる人, 自信がない, 不安, アプローチ, 結婚できない理由