Repre(リプレ) お見合い 結婚相談所 東京

あなた史上もっとも素敵な姿を見せましょう

 

なにこの「夏ジラされ感」

関東以外、みんな夏なんでしょ??

微妙すぎる天気の西新宿より

東京 結婚相談所jRepre(リプレ)

ヨレヨレのスーツで就活をしている学生さんを見かけます。

ボサボサの頭で就活をしている学生さんも見かけます。

 

なぜ、自分の希望する会社に自分をアピールしに行くのに、そんなヨレヨレの格好で行くのでしょうか?

そこにある発想は、

「恰好なんて気にしない」という堂々としたものではなく、

「自分は許される」という完全な甘えに見えて仕方がありません。

 

自分で自分を認めるというのは大切なことでしょう。

ただですよ、

就活って、会社の人が、会社に入りたいあなたを判断する場ですよね。

自分で自分を認めるかどうかの問題ではなく、会社があなたを認めるかどうかが争点になるのです。

 

そこに、ヨレヨレの格好をして、ボサボサの頭で登場するそのナリは、

「私ですけど、何か?」

と、甘えているようにしか見えません。

目指すところは高くて、それなりに活動はするけれど、そこに認めてもらおうという姿勢がないのは、いくらなんでも甘ったれ過ぎではないかと。

 

別に、社会に媚をうるとか、自分を捨てるとか、そういったことを言っているのではないんです。

真夏の暑い中リクルートスーツに身を包んで、会社に自分をアピールしに行く「就活」というスタイルを選んだのは自分自身です。

そのアピールをするのに、その身なりで行くのは、いくらなんでも甘えん坊じゃないかと。

自分の身なりを整えることもせず、「この程度でいいだろう」って行くのは、さすがに甘ったれ過ぎじゃないかと。

ヨレヨレのスーツと、ピシッとした清潔なスーツ、どちらの印象が良いかは誰が考えてもわかることなのですから。

 

これ、婚活でも同じこと。

お見合いの席に、ヨレヨレの格好で、ボサボサの頭で、ダラダラと歩いている人をよく見かけます。

清潔な格好で、颯爽と歩く姿と、どちらの印象が良いかは考えればわかることです。

それなのに、印象を良くするための努力をしないのは、

「恰好なんて気にしない」という堂々としたものではなく、

「自分は許される」という完全な甘えに見えて仕方がありません。

 

一生のご縁になるかもしれない出会いを、お相手はすごく大切に考え、あなたとの出会いに期待をして来ているんです。

そんな相手に対し、身なりを整えずに会おうとするのは失礼このうえない話。

「本当の自分を見せたい」って言う方もいますが、はじめからだらしないところを見せつけて、相手に認めてもらおうとするその姿が「本当の自分」なのでしょうか?

 

お見合いの時に、どんな格好をして行ったら良いか悩んだ時は、あなた史上最高の格好で行きましょう。

あなたが一番素敵に、一番誠実に見られるような格好で行きましょう。

だってその日は、あなた史上一番大切な日になるかもしれないのですから。

 

 

 

ブログ

東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー モバフ20F
03-4582-1129  080-4354-1129

システムのご質問・婚活のご相談
など、お気軽にお問い合わせ下さい

結婚相談所Repre(リプレ)

 

The following two tabs change content below.
村木 大介

村木 大介

1971年11月29日、東京都国分寺市生まれ。「出会いの数が増えれば、幸せな家族は増える」その事を信じ、゛出会いの場がちょっと苦手”゛出会いに不安がある”そんなみなさんが、気軽に参加しやすいような出会いの場を提供しています。日本の出会いをもっと盛んに、そしてその小さな出会いが大きな幸せに繋がるよう、いつも一生懸命お客様のサポートをしています!

-Repre(リプレ), お見合い, 結婚相談所 東京