婚活 東京

婚活という出会いと、婚活をしない出会い

 

そもそも、「梅雨」なんていうものが、今の日本には存在しないのではないでしょうか?

東京 結婚相談所 Repre(リプレ)

父と僕の会話

昨日、父と話をする機会があり、僕の仕事の話なんかをしている時に結婚の話になり、

「親父は結婚しないとか考えたことなかったの?」

と僕が聞いたところ、

「結婚して生活を世話してもらわないと、本当に生きていけなかったからな~」

って。

「って言うても、飯作って、洗濯して、部屋掃除するくらいやろうと思えばできたでしょ?」

とさらに聞いても

「いやいや本当にできないし、外食するにもそんなに店はないし、掃除や洗濯を自分で全部するなんて考えもしなかった」

と普通に言っていました。

 

今から50年前、ちょうど僕らの親世代が結婚するかしないかの頃

1965年の生涯未婚率は男性1.5% 女性2.5%

それに対して直近の

2015年の生涯未婚率は男性23.4% 女性14.1%

と飛躍的に上がっているわけです。

 

僕らの親世代は、一部何かしらの大きな理由を抱えている人以外は、みーんな結婚をしていました。

100人中98人は結婚しているって、ある意味異常な世界ですよね。

うちの父のように、本当にひとりでは生活ができないと思っていた男性と、経済的にひとりで生きていくのは不可能であった女性、それに実はそこまで困っていなくても、みんながあたりまえのよにするから自分もおいて行かれたくなくてする人々、そんなこんなでほぼ全員が結婚をしていたわけなんです。

 

ところが、今のご時世では

衣食住のライフサポートサービスは世の中いくらでもあるので、家事が苦手な男性だって生活には困らないし、

女性の雇用や社会的活躍だってあたりまえになっているので、生活費を稼ぐこともその気になれば問題ないし、

生きていくうえで、結婚なんていうのは必要でもなんでもないわけです。

 

つまり、

僕らの親世代は、生きていくうえで結婚は必須でしたが、

今の時代は、「なぜ結婚をするのか?」が明確でなければ、結婚は必要がなくなっているということです。

 

 

結婚をする理由

結婚する理由は子供が欲しいから?

欧米諸国ほど制度が整っているとは言えませんが、結婚をしないで子供を育てている人はいっぱいいます。

寂しいから?

あなたを慕う仲間がたくさんいれば、結婚なんかしなくても一生寂しい思いなんかしないでしょう。

ひとりで生きていくのは不安だから?

結婚したらどう安心なのか、そのイメージがないのにただただ不安を感じる人は、結婚したらしたで別の不安を感じることになるでしょう。

 

結婚をすることは目的ではありません。

あなたの目的は、自由で幸せな将来の生活を作り出すことです。

その、自由で幸せな将来の生活に、結婚は必要なのか?

その将来のために結婚が必要ならば、どんな相手を求めるのか?

そこが明確でない人が、やみくもに結婚しようと思っても、なかなかその相手は見つからないでしょう。

 

年齢を重ねていく先に結婚が自然に待っているわけではありませんし、

恋愛の先に結婚が待っているわけでもぜんぜんありませんから。

 

 

婚活が疲れる理由

考えるのは結婚ではなく、あなたの将来のカタチです。

そこが分からずに、

ただ不安だから、ただ相手がいないからと婚活をしていても、いつまでもその相手は見つかりませんし、あなたの心も身体も疲弊していくだけです。

だって、目指す方向も分からないし、ゴールのカタチもわからないのに、ただただ不安を抱えて歩き続けているだけなのですから。

 

結婚をすることは目的ではありません。

あなたの目的は、自由で幸せな将来の生活を作り出すことです。

その、自由で幸せな将来の生活に、結婚は必要なのか?

その将来のために結婚が必要ならば、どんな相手を求めるのか?

婚活をするならば、そこをいま一度しっかりお考えいただくことをおススメします。

 

 

婚活じゃない人との出会い

でもね、

男女が出会うことって、そんな難しい話じゃないと思うんです。

将来の生活のためとか、結婚するためなんかに出会うのって、ある意味効率は良いのですが、男女の出会いってそんなに難しくすることじゃないと思うんです。

見ず知らずの男女で出会うのって、なんかそれだけでワクワクしませんか?

男女が出会うのって、「婚活」なんて難しい話じゃなくて、もっと気軽でワクワク楽しいものだと思うんです。

んでもって、

そんな気軽でワクワク楽しい出会いの先に、なんかいい感じの相手がいたりなんかして、

そしたら相手もあなたにいい感じだったりして、

そんで一緒に時間を過ごしてたら、なんかこのままずっと一緒にいたいと思うようになったりして、

なら結婚とかしちゃってみる?みたいな話になったりして。

 

自分の将来を見据えて、そこに結婚が必要であることを認識して、そのお相手をしっかり探すという婚活。

これはこれでいいと思います。

ただ、

そこまで未来像は描けず、結婚したいのかも微妙な人が婚活なんかすると、心と身体と時間とお財布をを痛めるだけになるからやめましょう。

そういう人は、婚活なんかしないで、純粋に異性と一緒に過ごす時間を楽しむこと、人と繋がることに喜びを感じること、そんな出会いを思いっきり楽しんだ方がいいと思います。

 

けど、なかなかないんですよね、そういうサービスが。

今ある出会いのサービスって、初対面の相手にマルバツつけたり、初対面の相手からマルバツつけられたりするものばっかりで、なんか「いい出会い」にこだわってそれが無ければ無駄みたいな、殺伐としたものばっかりで。

なので、婚活にこだわらない人との出会いをサポートしたいと思い「僕んち」をスタートさせたということです。

 

 

ひとりぼっちでは生きていけない

婚活をするのか、婚活じゃない出会いをするのか、どっちがいいとかどっちが正解とかそんなのはありません。

どっちもいいし、どっちも正解でもいいと思います。

でもね、ひとつだけ間違いのないことは、

人はひとりぼっちではいきていけないということ

人と繋がりを持たずに、ひとりで生きていくというのは、それだけはどんな手段を使ってでも避けてほうがいいです。

それだけは地獄だから。

 

誰がマルとかバツとか、そんなジャッジをし合うような婚活に疲れてしまっているあなた。

ひとりぼっちは不安だけど、結婚したいのかどうかは漠然としているあなた。

そんなあなたが無理に婚活を続けていくと、あなたの雰囲気はどんどん殺伐として、あなたの魅力はどんどん失われていきます。

もっと気軽にワイワイと異性との出会いを楽しみましょう。

場合によっては異性だけではなく、普段接する機会のないようないろいろな仕事をしている同姓との出会いも楽しみましょう。

初対面の相手にマルバツつけたり、初対面の相手からマルバツつけられたり、そんなバチバチの出会いじゃなくて、純粋に人との出会いを楽しみましょう。

そんな、気軽で楽しい出会いの先に、いい出会いは見つかったりするものですから。

 

「僕んち」って、そんな出会いをするところです。

↓ ↓ ↓

「婚活を少し休んで、みんなで楽しくご飯を食べましょう」次回は第2回が開催!!!

 

 

 

 

クリックしていただけると嬉しいです!

みんなで楽しくご飯を食べましょう!東京 結婚相談所 Repre(リプレ)

クリックするといい情報があります!

The following two tabs change content below.
村木 大介

村木 大介

1971年11月29日、東京都国分寺市生まれ。「出会いの数が増えれば、幸せな家族は増える」その事を信じ、゛出会いの場がちょっと苦手”゛出会いに不安がある”そんなみなさんが、気軽に参加しやすいような出会いの場を提供しています。日本の出会いをもっと盛んに、そしてその小さな出会いが大きな幸せに繋がるよう、いつも一生懸命お客様のサポートをしています!

-婚活 東京