婚活パーティー 東京

はじめての婚活パーティーに参加する時の注意点

 

いやぁ暑い!楽しい!嬉しい!

楽しいことは、求めたり探したりするのではなく、自分で創っていくものだと思いますよ。

楽しいか楽しくないかは、環境が決めることではなく、あなた自身が決めることです!!

東京 結婚相談所 Repre(リプレ)

はじめての婚活パーティー

今まで、出会いの場に行くのを躊躇していたけれど、やっぱりこのままでは出会いがないので、

「よっしゃ、いっちょ婚活パーティーでも行ってみるか!」

と思ったあなたへ。

 

もし、はじめて婚活パーティーに行くのなら、こんな秘策をお伝えします。

はじめて婚活パーティーに行く時は、1日に2件~3件まとめて予約すべし

これは、はじめての方にはぜひ実行していただきたい秘策です。

 

婚活パーティーはまとめて予約する

なぜ、はじめて婚活パーティーに行く時は、1日に2~3件まとめて予約すると良いのか?

これは、婚活パーティーに行った方ならお分かりと思いますが、はじめて婚活パーティーに行くと多くの方は、こんな感じになると思います。

「ぜんっぜんダメ」

 

何がダメって、

そもそも、初対面の異性とどんどん話をするなんてことに慣れていないので、なかなかうまく話すことができず、あっぷあっぷになってしまう。

話が合わない人と無理やり話すのに、力の抜き方が分からず疲れてしまう。

ちょっといいなと思う人とは、会話が盛り上がること無くガッカリしてしまう。

 

そんな、うまくいかないことのラッシュで、終わった時には反省と後悔にどっぷり肩までつかることになるでしょう。

そして、いい出会いもなくひとりでポツンと帰ることにもなるでしょう。

 

おそらく、はじめての婚活パーティーでは、こんなダメダメ感に襲われることになると思うんです。

そんな時、すぐに次のチャンスがあれば、その反省と後悔を活かして実践をすることができるので、ものすごく力になります。

ところが、

「あんなことがダメだった」

「もっとこうすれば良かった」

「全然うまくいかずへこんだ」

なんていうまま終わらせてしまうと、「またいつかチャレンジ」なんてことになっても、その時は前回の反省や後悔なんて半分も覚えちゃいないんですよね。

それに、前回のダメダメ感から、「またいつかチャレンジ」なんて思わなくなってしまうかもしれません。

強制的に連続で機会を設けてしまえば、そこから逃げられなくもなり無理やりでも実行するという、ちょっとした荒療治療ではありますが、これもまた効果的ではあります。

 

はじめてのスノボ

僕には、以前こんなことがありました。

二十歳の頃、生まれてはじめて友人にスノーボードに連れて行ってもらった時のこと。

 

それまで僕はスキー経験ゼロなので、ゲレンデ経験もナシ。

そんな初ゲレンデにウキウキしていったのですが、まぁ~どうにもならないくらい滑れない。

スノーボードがうまくできないだけではなく、ウェアだってちゃんとしてない安物だから全身ずぶ濡れでクッソ寒いし、打ち身やら打撲やら軽いムチウチやらで全身激痛。

そんでもって、なぜかゲレンデからロッジまではトラックの荷台で運ばれ1時間(たぶん10分くらいだけど、体感は1時間)。

そんなはじめてのスノボ体験に、「スノボなんかぜんぜん面白くねぇ、もうぜったいやらねぇ」と心に決めたことを覚えています。

ところが、

1泊2日の予定で、友人の車で行っていたので帰れない。

で、次の日は朝からみんなゲレンデに行くから、一緒に行かないといけない。

体育座りで見学しているわけにもいかないから、(前日から渇いていなくて)湿っているウェアを無理やり着こんで、僕も一緒にゲレンデに出る。

するとどうでしょう。

まだまだ滑れないながらも、前日はパニック状態で冷静さを欠いていたのですが、改めて教わったことを注意してやってみると、昨日よりは全然出来るじゃないですか。

「こんなこともできるんだ」なんつって、ちょっとした発見もあるし。

しばらく滑っていたら、「あらやだ、ちょっと出来るじゃない」みたいな感じになって、昨日より随分と楽しかったり。

帰りには、もう1泊したくなっているくらい、やる気も元気も出ちゃったりして。

 

何が言いたいかっていうと、

はじめてのチャレンジなんて、誰だってうまくいかないということ。

だから、できないながらも繰り返さないといけないのですが、人の心ですからどうしたってツライ状況から逃げたくなってしまうもの。

それに、反省点などは時間が経てば頭からも身体からも少しずつ忘れ去られていくものなので、期間があくとまた1からのやり直しになってしまう。

なので、逃げられない状況を作って無理やり続けて練習をすると、いやいやながらもちょっと上達する実感が芽生えたりして。

そんな実感があると、また次のチャレンジに繋がりやすくなるということなのです。

 

連続して婚活パーティーに参加する

話を戻しますが、婚活パーティーも同じです。

もし、あなたがはじめて婚活パーティーに参加をするならば、おそらくうまくいかないことの反省や後悔はたくさん出ると思います。

いい出会いがなければ、がっかり感や喪失感もあるかと思います。

 

そんな時に、なかば強制的にでもすぐに次のチャレンジをすると、

大きな発見や気づきもあり、

場慣れからくる余裕を感じることができ、

自分の上達度合いを実感することもできるのです。

ところが、

ここに期間が空いてしまうと、また1からのやり直しになるので同じような失敗をすることになるし、前回の悪い印象からふたたび足を運ぶのが億劫になり、何も身につかないまま苦手意識だけが残ってしまうようになるんです。

 

はじめて婚活パーティーに参加する→うまくいかない→期間を空けてまた参加する→またうまくいかない

もしくは

はじめて婚活パーティーに参加する→うまくいかない→その想いが心に残りもう参加しない

こうやって、出会いの場から足が遠のいてしまう方って、結構いらっしゃるんです。

 

はじめの一歩はうまくいかないもの

婚活パーティーに限らずなんでもそうですが、はじめてのチャレンジはうまくいきません。

けれど、うまくいかない状況から逃げ出さず、続けて何度かチャレンジはしてみましょう。

そうすれば、きっと何かしらの発見や手応えを感じることができるので、その手ごたえをもとにどんどん上手にできるようになるものです。

ただ、できれば完全な我流よりも、基本的な動きくらいは経験者に教わった方が、よりスムーズなスタートがきれると思います。

 

近々、Repre(リプレ)も出会いの場について新しい発信をしますが、現状は婚活パーティー的なこともやっていないので、

今なら、こんなパーティーがおススメ。

結婚活動を真剣に考えるあなたへ素敵な出会いを贈ります!

僕も、会場の見学に行ったことがあるのですが、開催数は多いし、参加されているお客様もとても多いので、繰り返しの練習にはもってこい。

同じ会場の方が、慣れやすいのもありますしね。

ぜひ、1回じゃなくて、1日に2~3回まとめてチャレンジしてみてください。

あなたの力も発揮しやすくなると思いますよ!!

 

もし、参加する前の心構えや注意点など、プロのアドバイスが必要でしたらお気軽にご相談ください

2~3点、誰にでもできるちょっとした婚活パーティーの秘訣をお教えしますから!!

 

異性との出会いは楽しいものですので、ぜひ出会いの場にチャレンジしてみてください!!

 

 

 

 

6/17(土)開催

「30代中盤のバツイチ女性が、20代初婚の男性と結婚した理由」

トークライブの観覧者募集中です!!

 

 

クリックしていただけると嬉しいです!

クリックするといい情報があります!

The following two tabs change content below.
村木 大介

村木 大介

1971年11月29日、東京都国分寺市生まれ。「出会いの数が増えれば、幸せな家族は増える」その事を信じ、゛出会いの場がちょっと苦手”゛出会いに不安がある”そんなみなさんが、気軽に参加しやすいような出会いの場を提供しています。日本の出会いをもっと盛んに、そしてその小さな出会いが大きな幸せに繋がるよう、いつも一生懸命お客様のサポートをしています!

-婚活パーティー 東京