結婚するには

結婚するには、ケネディ元大統領の演説を考えよう

 

今朝は、渋谷からスタート。

東京地方は快晴&涼しい空気!!

息子が発熱中で、妻もずっとおうちにいるので、早くよくなってほしい!!

東京 結婚相談所 Repre(リプレ)

1961年、第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの就任演説で、こんなことが述べられました。

「国があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたが国のために何ができるかを考えようではありませんか」

これは、ある意味民主主義をそのまま語っているにすぎないのですが、

人民が主権を持ち自由であるために、何が大切になるのかを伝えるメッセージでした。

 

考えを持つことが許され、自由を表現することが許されている分、自分に何ができるのかをしっかり考え行動しましょう。

これって、今の日本の結婚制度にも言えることですね。

 

そのむかし、といっても今から30年前くらいのことですが、日本の国民はあたりまえのように結婚をしていました。

生涯未婚率は男性で3.9%、女性で4.3%(人口統計資料集2014年版より)と、ほとんどの人は盲目的に結婚をしていました。

もちろん、当時も結婚するかしないかは自由であったのですが、男性が女性に頼り、女性が男性に頼り、自分にできないことをしてくれる相手を求め、人はみなあたりまえのように結婚という道を選んでいきました。

 

ところが、今はどうでしょう。

2015年度の生涯未婚率は男性で23.37%、女性で14.06%(国立社会保障・人口問題研究所調べ)となり、この数字は今後まだまだ上昇していくことが予想されています。

これからの結婚というシステムは、習慣でもなければ生きるうえでの必須でもなく、まさに自由な選択となっていくのです。

 

男性の経済力がなければ生きていけないとか、女性の生活力がなければ生きていけないとか、今はそんな時代ではありません。

あなたが、あなたの意志で、結婚をするかしないのかを自由に決めていく時代です。

 

自分の自由で結婚相手を探し、自分の自由で結婚をするには、こんな考え方を大事にしないといけないのでしょう。

「相手があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたが相手のために何ができるかを考える」

 

結婚をすることがあたりまえではなく、自由の元で行われる以上、この考え方があってはじめて結婚は成立をします。

相手があなたを求めて近づいてきたり、相手があなたを受け入れようとしてくれたりというのは、ぜーんぜんあたりまえのことではありません。

 

あなたが相手のために何ができるのか?

これを実行できた人に、幸せな結婚生活が待っているということです。

 

 

 

 

いい出会いがなくて不安を感じている方にいろいろご相談をしたいので、6/17(土)ご都合大丈夫な方はぜひ!!

明後日6/4までの募集になります!
↓ ↓ ↓
あたらしい「婚活」についての作戦会議 @渋谷の「ぼくんち」

 

で、6/17(土)の作戦会議の前にはこんなイベントを!!

のこり2名様(女性のみ)の募集です!
↓ ↓ ↓

「30代中盤のバツイチ女性が、20代初婚の男性と結婚した理由」

どちらのイベントも、僕と一緒にお酒でも飲みながら、みんなでワイワイ楽しくやりましょう!

 

 

クリックしていただけると嬉しいです!

クリックするといい情報があります!

The following two tabs change content below.
村木 大介

村木 大介

1971年11月29日、東京都国分寺市生まれ。「出会いの数が増えれば、幸せな家族は増える」その事を信じ、゛出会いの場がちょっと苦手”゛出会いに不安がある”そんなみなさんが、気軽に参加しやすいような出会いの場を提供しています。日本の出会いをもっと盛んに、そしてその小さな出会いが大きな幸せに繋がるよう、いつも一生懸命お客様のサポートをしています!

-結婚するには